専門学校でクリエーターになるには

専門学校を選んで決定する方法

世の中には数多くの専門学校があります。

クリエーターや建設や一つ一つ選んでいくと途方に暮れたりと、投げ出したりとするのではないですか

クリエーターになるための専門学校は有名所が安直ですが、やはり、体験入学という物に行くのがいいです

実際の講師の方もいますし、積極的に聞いていけば学校の事が全て分かると思います。

でも、一番大事なのは、その時の貴方の感情や思い描いている事だと考えます

体験入学で変わる事はあるかも知れませんが、奥底は変わらないと思います。

何のクリエーターなりたいか

一言にクリエーターと言っても、ゲームやマンガなど、幅広くあったりします。

中学校や高校から絵を描くのが好きならイラストレーターという道に細かい物を作るのが好きなら雑貨を作製する人にと、入る前からやっている事の延長線と考えるのがいいかも知れませんが、それを仕事にするとなると話が違います。

これを続けられるのかを考える必要があるからです。

それと一種の覚悟を持って、どんなクリエーターになりたいのか心の中で自問自答するのがいいです。

このクリエーターにはどんな事が必要なのか

例えば、漫画家になりたいと思い、その専門学校に行くとします。

人体構造からパースや背景と必要な事を学びますが、学校という場所なので
一人で黙々とやるには限界が生じます。

原稿を描くのは、かなり前から開始しないと間に合わないという事が起きたり、腕を上げるには自己練が欠かせなかったりします。

それと、有名な人のコミックスを読んで、真似したい所や参考にしたい所を原稿の原寸大まで、拡大コピーしてから模写する方法もあります

結論から言うと、どのクリエーターも研究や自己練か欠かせなかったりします。

ゲームが好きで、将来はゲーム関係の会社に就職したいと思っている人はいませんか。ゲームの専門学校では、業界の知識が豊富な講師から学ぶことができますし、即戦力として制作の仕事に就くことも可能です。

Related posts