復旧のための保険です。

建物の構造を理解する

火災保険とは建物や家具などに損害が生じた場合、補償を目的とする損害保険のことで火事だけの損失に限定されません。地震保険も途中から付帯することが可能です。落雷や風災、床下浸水などの災害でも保証されます。家を建てた時、火災保険の選び方ではまず補償内容を理解しておくことが必要です。加入している保険の内容によって補償対象は異なります。現在は補償項目の選択やオプション設定など、各家庭のニーズに合わせたプランが幅広く選択できる商品が増えています。保険料を抑えて最適な保険に備えて加入しましょう。

必要な補償だけ選ぶこと。

火災保険は建物の所在地、構造や契約期間などで補償内容が異なってきます。火災保険の支払方法は最初の月払いがありますがこの支払いは金利が大きくかかります。年払いは一年ごとに保険料を一括して支払います。長期年払いはある程度まとまった年数を支払うことにより安くなります。長期一括払いは契約時にまとまった保険料が必要ですが、契約期間が長いほど保険料が10年近く安くなります。それぞれの契約方法にメリットがあるので自分に合った保険期間を選びましょう。

保険の重要性について

火災保険の補償は通常、門扉や建材含む建物と家財の別個で保険契約をすることが可能です。火災保険の選び方では家財にも保証を付けることをお勧めします。家財は家具家電だけでなく、衣類や小物、貴金属なども家財の対象になります。もし屋内で出火した場合、消火活動で大量の放水により家財が破損する恐れがあります。そうなるとすべて家具を買い揃えないといけないので被害金額は大変大きくなります。また火災保険は割引制度がある保険会社もあります。何社か比較してみてどの保険会社がいいのか絞り込んでみるといいでしょう。

火災保険は建物が火事にあった際に保険金が支払われる保険ですが、地震などの災害時には適用されないので注意が必要です。地震で起こる火災には地震保険への加入が対象となります。

Related posts