家庭教師のアルバイトの時間と給料

時間の使い方が特殊なほうです

アルバイトにはたくさんの職種が存在しますが、時間の使い方において、家庭教師は特殊なほうです。アルバイトでは時間給などを定めますが、大抵はその場で勤務した時間に対するものです。そのため普通の職種のアルバイトの給料の多くは、それほど高額ではありません。これに対して家庭教師の1回の授業時間は、一般的に短い設定です。例えば子供がクラブ活動を終了して帰宅した時間から、3時間程度までの授業が多くなっています。

勤務時間以外の労働が評価されています

もちろんそうした短時間では、普通の職種のアルバイトと同じ給料だと、十分な収入を得られません。それにも関わらず家庭教師の給料は、普通の職種よりも一回り高額になっています。このような短時間で高額な給料が貰える訳は、その場の勤務時間以外の労働が評価されるためです。そうした勤務時間以外の労働とは、主に子供に学習を教えるための準備です。子供に勉強を教えるためには、自分自身が理解しているだけでは、十分ではありません。

高いレベルの授業が必要です

そのため自分自身が理解する以上に、詳しく理解することが求められます。しかし学校とは別に給料を支払うわけですから、学校で教えてもらう以上の質の高さも必要です。例えば学習で使用する教材も、学校で配布される以上の内容でなければ、納得してもらえません。このような高いレベルの授業を達成するには、それなりの長い労働を要します。ただしそうした高いレベルの授業を行うと、子供の成績という目に見える成果が達成できます。

家庭教師のバイトは、大学生などにはとてもやりやすいバイトです。時給も高く時間帯も夕方以降で、学業との両立が可能です。

Related posts