リターンが高い分ハイリスク?ビットコイントレードで注意すべき点は

流動性の乏しさには注意しましょう

ビットコイントレードが人気を上げてきています。普通のFXとは違って、ボラリティが特別高い点が、ハイリスクハイリターンな投資先を求めるコアな投資家には受け入れられています。ただ、ビットコインはまだその総量が多くはありません。ですから、流動性も非常に乏しくなっているのが実情です。通常のFXの1%以下の流動性しかありませんから、最悪の場合には自分の思った通りの値段で売買ができないケースも出てきます。流動性の低さは今後もしばらくの間は改善はしませんから、事前に把握しておきましょう。

トラブルがあれば大暴落をする可能性も

ビットコインは、信頼を基礎としてその価値を積み上げている仮想通貨になります。信頼があるからこそ価値を維持できているわけですから、その信頼が失われたときには大暴落をしてしまうのが運命なのです。実際に、今までもビットコインは色々な不正が明るみに出るたびに、価値を下げてきました。急にある日、大暴落をしてしまう可能性があることは忘れずにおきましょう。全財産を注ぎ込むなど無茶をしていると、痛い目を見ることとなるかもしれません。

通常の通貨よりも価格変動が予想しにくい

通常の通貨の場合には、価格変動の原因が何なのかはっきりと理解できるケースが多いです。どこかの国の大統領や財務大臣が下手な発言をしたせいで価格が上下したり、企業の不祥事が明るみに出て価格が上下したりするわけで、投資家もある程度は納得ができます。ただ、ビットコイントレードでの価格変動はそうした特定の事象に関係していない可能性が高いので、なかなか簡単に原因を把握することはできないのです。謎な理由による変動が頻繁に起きるので、未来も予測しづらいという特徴があります。

ビットコインとは暗号通貨を指し、ビットコインでFXすることで決められている期日に、現時点で定められた約定価格に基づいて売買する取引が可能となり、暗号通貨による高速な取引スピードがメリットの1つです。

Related posts